cPanel サーバ管理用コントロールパネル

cPanel WHM 11

新しくなったcPanel11について学習します

パフォーマンス

cPanel 11は、顧客のサーバとそのクライアント向けに、強化された性能を提供します。バックエンドとフロントエンドのコードへの多くの変更により高速化され、また、サーバのロードが削減されました。

新しいEasyApacheが付いたApache 2と2.2

新しいEasyApacheが付いたApache 2と2.2参考図cPanel 11には、Apache 2と2.2の設定へのアクセスを提供する新しいEasyApacheのインターフェースが付いています。これらの設定は、カスタムApache、PHPのビルド・オプション、設定フラッグなど、非常に特定的なものに編集できます。Apache 2の強化された性能及び顧客のApacheのインストールを全面的にカスタマイズする能力により、WEBサーバは、瞬時にフル・スピードで作動します。

高速化されたEメール

バックエンド・コードの変更により、Eメールの処理が高速化されました。スパムアサシン(SpamAssassin)を使っているユーザーは、ロードの大きなサーバのロード量が削減されていることに気づくでしょう。つまり、メールの処理に費やす時間が短くなって、CPUを他の重要なタスクに使用することができるのです。

cPanelのインターフェースのスピード

cPanelのインターフェースに多くの新しい特徴とオプションが追加されて、ページのロード時間が劇的に削減されました。1秒以下という短いロード時間が、キャッシュによるインターフェースのリロードでは見られました(キャッシュなしでは、~1.5秒)。この劇的な高速化により、cPanelのエンジンのロード量を削減する一方で、顧客のクライアントにインターフェースの使用を強くアピールします。

高速のcPanelのアカウントとテーマの切り替え

再販業者向けの新しい特徴として、顧客は、再販業者が所有するcPanelのアカウントと他のテーマとをすばやく切り替えることができます。これにより、再販業者は、すばやくクライアントのcPanelのインターフェースにアクセスして、そのアカウントのタスクを実行することができます。また、再販業者は、他のテーマに切り替えて、cPanelのインターフェースを離れることなく、その顧客が見ているものを正確に見ることもできます。